名古屋市名東区で接骨院ならとみみつ接骨院へ
HOME>院長挨拶

院長挨拶

院長挨拶
とみみつ接骨院のスタッフ紹介 院長あいさつ ー柔道整復師への道のりー

はじめまして冨満幸吉です。
数ある接骨院ホームページの中から当院の
ホームページを観て頂き本当にありがとうございます。
(ひょっとしたら奇跡的な出会いかも!?)

私のフルネームは とみみつ こうきち と読みます。
なかなか漢字読みではとみみつと滅多に一度で呼んで
もらえることが無く、同業の先輩先生にも半年位 「下の
名前だと思っていた」 と言われたことがあります。

珍しい名前と昔から言われ続け、フリガナが無ければ、〝とみつ〟 とか 〝とみまん〟 など
など、通院中の患者さんにも もう年金を貰ってそうな古風な名前と何度か言われたことも
ありますが(笑)。

でも中には「我家ではとみみつ接骨院は愛称でトミーと呼んでいるよ。」とか
「お宝の様なフルネームですネ。」とありがたい言葉も時には頂きます。 

両親は九州の宮崎県の出身ですが、私自身は名古屋生まれの名古屋育ちだがね。
スガ○ヤ大好き、手羽先大好きの昭和43年生まれの名古屋人です。



実は私も皆さんと同じ〝痛み〟で困っていた一人でした。
高校1年生の秋に部活動で 首 を痛め(頚椎捻挫です)、整形外科、はり、整体、
接骨院と色々な所で治療や施術を受けていました。

根気よく施術を受け時間はかかりましたが、無事に痛みから解放され、笑顔を取り戻し、
部活動にも復帰する事も出来ました。治療や施術でお世話になった先生方にありがたい
気持ちと、喜びと、本当に感謝、感謝です。


高校を卒業し、社会体育の専門学校を卒業し就職をしたものの毎日、
心に何かの引っかかりや物足りなさを感じていました。

社会人も2年を過ぎようとしていた時、今のままでは、何も変わらない、何かしなくては。
何をしたい。どうしたい。自問自答の日々。
とうとう見つけましたやりたい事が。
私の知り合いの方で、40代半ばで仕事を退職し、はり・灸の学校に通っている
ガッツマンがいたのです。

当時の私はまだ20代前半その方に比べたらまだまだ若い。
そして私も過去に痛みで困っていた人間。痛みで困っている人の手助けを出来る仕事、
探していた何かを見つけたのです。


学校に合格し、3年で卒業することが出来、無事に1回で国家試験にも合格しました。
名古屋市守山区の樋口整形外科病院で5年間御世話になりました。
この病院で勤務出来た事、施術経験を積む事が出来た事は皆様を施術させて頂く際の
財産であり、宝となり、今でも仕事に生かされていることは間違いありません。
(ご指導頂いた樋口先生に感謝いたします。)


来院された皆様に少しでも楽になったと変化を感じて、帰宅して頂き、
お一人お一人の症状に合った施術を提供する様、最善をつくしていきます。
そのため、丁寧な問診、触診。体のバランスの観察を行い、今現在の状態を伝え
ご理解してもらいます。患者様に納得して頂くために施術の事前情報提供、
施術方針の説明、経過の説明を行い施術を行っていきます。

ヒトの体は必ず自分で治ろうとする自己治癒能力を持っています。
時折「友達が一度の施術で痛みが取れた。私も一度で痛みをとって欲しい。」と過大な
期待を持って来院される方がいますが、今現在来院されている方にもお話をさせて
もらっておりますが、私は施術の達人ではありません。
ましてや魔法使いでも手品師でもありません。
一度の施術で100パーセント痛みが無くなることはございません。

私の役割は自己治癒能力を引き出す、高めることをお手伝いするだけです。
ただそれだけのことです。

お問い合わせ